まあ、とりあえず。

生物とゲームと合唱をこよなく愛する大学生の日記。 基本テンション低め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

てすとてすとてすてすととてすととてすとてすとてすすてと

てすと

しぬ。。。。。。



ちなみに本人はレポートでダウンしております↓↓










パスワード教えちゃだめって言われたから、
誰かこのブログにカキコみたいひといたら、
原稿渡してくれたら書きます。よ。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/15(日) 18:46:30|
  2. なまもの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホモ・ルーデンス

俺は利己的な遺伝子の考え方が好きだ。
生命の本体はあくまで遺伝子であって、われわれは単なる遺伝子の乗り物として遺伝子に利用されているに過ぎない、という。好きというか信じている。
死にたくないのは遺伝子を残すため。三大欲求は遺伝子を残すため。
生物組のみんななら理解はしてくれるだろう。

けど、たまにふと疑問に思うことがある。
じゃあ人って何なんだ?生き物なのだろうか?人は本当に遺伝子の方舟になれているのか?
なんで金まで払って漫画なんて読む?なぜ音楽に安らぎを覚える?生存率がそれで上がるのか?
しかしここまで知能が発達したおかげで、このサイズの生命としてはあり得ないほど地球にはびこれているのも事実。ヒトの祖先の遺伝子はウハウハだろう。

そして文化ができたのもまた遺伝子がそれを作ることを可能にしたからだ。
文化もまた遺伝子によって作られたものならば、文化は生命じゃないのか?国は?
生物って形がないといけないのか?

人は何十億年もかけて遺伝子が編み出した最上のバグなのかも。
しかし遺伝子の淘汰圧が一度脳が発達する方向にかかればこんな風になる可能性はそこまで低くない気もする。どうなんだろう?

そしてこんなことを考える俺自身、バグだ。
  1. 2008/03/13(木) 08:18:34|
  2. なまもの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビオトープって知ってる?

ビオトープって皆知ってるのかな?
人工的環境の中でほぼ完結する生態系のことなんだけど、まあ簡単に言うと世話しないでも水槽の中の生き物が勝手に食ったり食われたりしてバランス保ちますよー、みたいな。

これのすっごいのをつくるのが結構昔からの夢でね、宿舎から出たら真っ先にやりたいことの一つなんですよ。
で、今なにを水槽の中に入れるか考えてるんだけど、メダカぐらいの大きさのやつがバクッと食われてるところはあまり見たくない(ザリガニとか口小さいから食い散らかすし)。ミジンコが食われてるのはたぶん気にならない…ってな感じで、とっても利己的な選択をしてるとこです。

で、これに一番重要なのはプランクトンと水草。生態系の基礎を固めないといけません。
とりあえず松見池の水は無駄にプランクトンいそうだからその水をいただこうと思う。
それでなるべく不審者と思われずに水ゲットするにはどうすればいいか考えた。そもそも行動自体が不審だというつっこみは禁止する。

1.堂々と普段の格好で採集する。
2.白衣を着て採集する。

白衣を着ると、なまものの人とかは研究の一環かと思うかもしれないが、他の人はさらに怪しいと思うかもしれないな…。やっぱ普段着で採りに行くか。なんか他にある?
というわけで、4月ごろ松見に水をすくう不審者がいたらそっとしといてあげてください(笑)


兄さんからもらったバトンは追記にて。

[ビオトープって知ってる?]の続きを読む
  1. 2008/02/15(金) 11:07:53|
  2. なまもの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

読書強化週間

-みんな(とくに兄)の予想を覆すためだけに更新する-



昨日は意外に暖かかったので神田の古本屋街に行ってみました。
片道160円。20分。東京のありがたみを改めて感じる。

神田、本屋がうじゃうじゃある。
いろいろなジャンルの本屋を見て回るだけでも楽しい。楽譜とか、文庫とか。

んで、生物系の本を買ってきた。ローレンツのソロモンの指輪とか、グールドとか、フィリアって人とか。

昨日今日と本漬けの日々を送る。
ソロモンの指輪は生物学の本というより、生き物好きのおっちゃんの本ってかんじで面白かったw
生活のすべてをなまものに捧げてしまっている。すばらしい。

フィリアはダーウィンの自然選択説を思いっきり否定するいい根性した本。こういう自分の考えを否定する本は自問するのに役立つ。ちょっとイライラするけど。

グールドはまだ手ぇ付けてないけど、多分いつも通りの論調なんだろう。めちゃくちゃ分厚いのが問題だけど。今年中に読めるだろうか?

よーしこれから読み潰してやんぜ。
  1. 2007/12/31(月) 01:05:52|
  2. なまもの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

とん

Author:とん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。